grafi.jp

また夏が通りがかる。スローモーションの縄跳びが足をすくうように。ぼくは跳ぶ必要がない、なぜならずっと浮いているから。ぼくは悲しい。

blog comments powered by Disqus