grafi.jp

村上春樹の作品まともに読んだこと無かったんです。読みました。

余分な価値判断が廃された透明な語りは、「こいつの言ってることの是非を問う」というフィルターを経ることなく気がついたら脳に浸透しており、なかなか精神にこたえる読書でした。実際、結構胡散臭いことを、主張すらしていないにも関わらず言ってると思うんですよね。

あと、背表紙が面白い。本を裏向けると書いてある、あらすじ紹介。『喪失の物語』などと物々しく書かれていて、なんとまあ。

そして、そりゃこういう話を読めば思い浮かぶ身近な人なんかもいるわけですが、それが全員男だというのが男子校出身者の皮肉です。

blog comments powered by Disqus